日ごろのストレスをリセットし、日常生活のパフォーマンスの向上させるために、旅行は効果的です。今回は、フィリピンのセブ旅行を紹介させていただきます。

1.セブの特徴

セブ 快適、激安旅行

 

セブの特徴は、以下の通りです。

  • 東南アジアのゾートの中でも日本に近い。
  • 成田から直行便にて5時間30分くらい。
  • 時差は1時間のため、時差ぼけがない。

セブ旅行 激安 快適 飛行ルート

  • リゾートホテルも空港から近く、送迎がある。渋滞がなければ、空港から20分程度でホテルに到着できる。
  • 冬でも泳げる。冬でも平均温度は30前後。
  • フィリピン人は、ホスピタリティがあり、対応が丁寧。
  • 物価が安い。
  • 食事がおいしい。お菓子、フルーツのレベルが高い。

おいしいマンゴー

セブは、日本から近く、沖縄那覇まで3時間、石垣まで3時間30分ですので、+2時間程度で到着します。ホテルまでも近いので、沖縄でレンタカーを借りて、移動する時間などを考えると、その差はさらに短くなります。また、冬でも暖かく、プール、海で泳ぐことができ、アクティビティ、食事も日本より安い水準です。

2.旅程

成田国際空港からマクタン・セブ国際空港までは、フィリピン航空、セブパシフィック航空、バニラ・エアの直行便が飛んでいます。この中で、無理のないフライト発着の直行便が飛んでいるフィリピン航空がおすすめです。

セブ旅行 マクタン・セブ国際空港

朝、9:15のフライトに乗ると、空港近くのリゾートホテルであれば、ちょうど、チェックイン時間の15時前後にホテルに着くことができ、初日からプールで遊び、ディナーもゆっくり楽しめます。帰りも14:55のフライトにすることで、10時過ぎにホテルをでれば間に合いますので、最終日も朝食をとり、ゆっくり過ごすことができます。夜遅く到着したり、早朝出発ですと、同じ日数の旅行でも現地で過ごせる時間がかわってきますので、フライト費用の差額に応じて、スケジュールを検討すればよいかと思います。

plantation bay resort and spa (プランテーション ベイ リゾートアンドスパ)に4泊5日で行った時の実際の旅程を示します。

plantationbay プランテーション ベイ リゾート

【旅程】

スケジュール
1 7:15

09:15

13:45

14:30

15:00

成田第2ターミナル 着

フィリピン航空 PR 435 成田(NRT)– セブ(CEB)

マクタン・セブ国際空港 着

マクタン・セブ国際空港 発 (ホテル送迎バス)

プランテーション ベイ リゾートアンドスパ 着

2 フリータイム

午前:Ayala Mall(アヤラモール)ショッピング

(ホテルから無料シャトルバスにより大規模ショッピングセンターのAyala Mallへ)

午後:ホテル内 フリー

3 午前、午後:ホテル内 フリー
4 午前、午後:ホテル内 フリー
5 10:30

11:00

14:55

20:30

ホテル発

マクタン・セブ国際空港 着 (ホテル送迎バス)

フィリピン航空 PR 436  セブ(CEB)–成田(NRT)

成田国際空港 着

備考 【ホテル内の過ごし方】
プール、食事、SPA(エステ)、テニス、卓球、ビリヤード、サイクリング、セグウエイ、アクティビティ(ダイビング、シュノーケリング、バナナボートほか多数)、他

3.旅行費用

実際に、家族で昨年末、plantation bay resort and spaに行ったときの費用を示します。

【旅行条件】
期間:12月27日~12月31日(4泊5日)
人数:大人3人(12歳以上)、小人1人(2歳~11歳)(ベッド添い寝) 合計4名
滞在先:plantation bay resort and spa (ラグーンサイド)
フライト:往路PR 435、復路PR 436 (旅程参照)
フライトクラス:エコノミークラス(成田国際空港~マクタン・セブ国際空港)

同じ内容を大手旅行会社のツアーで申し込んだ場合の費用(早割含む)を参考に示します。
食事は、ホテル滞在中の食事として、朝(4回)、昼(4回)、夕(4回、うち1回はディナーショー)の金額を追加しています。旅行会社A社と比較しても40万円弱、安くいくことができました。

旅行料金(大人3人+小人1人 合計4人分)

個人手配 旅行会社A社 旅行会社B社
宿泊・フライト ¥415,780 ¥871,640 ¥1,011,440
食事*1 ¥94,704 ¥31,780 ¥86,078
セブ出国税 ¥6,810 ¥6,810 ¥6,810
合計 ¥517,294 ¥910,230 ¥1,104,328
差額 基準 ¥392,936 ¥587,034

*1:ツアーにより、料金に含まれる食事回数が異なるため、比較基準を合わせるために、ホテル滞在中の朝(4回)、昼(4回)、夕(4回、うち1回はディナーショー)の食事費用として、不足分を計上しました。各食事の費用は、おおよその目安の金額とし、ドリンク代は含まれていません。
*2:旅行会社の場合、手土産、カメラの無料貸し出し、簡単なアクティビティなど若干のサービスが別途あります。

4.個人旅行の手配方法

以上の通り、旅行会社を通すよりも個人で手配したほうが圧倒的に安価となります。個人手配の方法は、以下の通りです。

 ①フライトの予約

フライトは、旅行会社などにもヒアリングした結果、最も安かったフィリピン航空のホームページで早割予約しました。12月27日、12月31日のフライトを8月下旬に予約しました。フィリピン航空は、日本語ホームページがあり、問い合わせ先も東京事務所により日本語対応してもらえるので、英語がわからなくても問題ありません。

【往復フライト料金(エコノミークラス)】
大人(12歳以上):65,210円/人
子供(12歳未満):48,670円/人
※ANA加算マイル:2,832マイル(往復)

フィリピン航空 早割 セブ 成田 料金

②ホテルの予約

ホテルは、空港から近いホテルとして、plantation bay resort and spaとしました。旅行会社、ホテルホームページ、いくつかのホテル予約サイトを比較した結果、旅行会社を通して、ホテルだけ予約しました。時期などにより変動しますので、都度、最も安い方法で予約するとよいと思います。ただし、こちらも8月下旬に手配しましたが、空室が少なく、ぎりぎり予約できました。

 

5.ホテルについて

プランテーション ベイ リゾート プール カヤック

空港から近いホテルはいくつかありますが、「plantation bay resort and spa」に宿泊しました。巨大なプールを囲むように低層の客室が配置されており、1階客室の場合は、バルコニーからプールに直接入ることができる部屋もあります。マクタン・セブ国際空港からは、ホテルの送迎バスがあり、あらかじめホテルにお願いしておけば、空港の出口でピックアップし、ホテルまで送ってもらえます。帰りも同様に空港まで送ってもらえます。
ホテル内の会話は原則英語ですので、少しでも喋れたほうが便利ですが、日本語をしゃべれるスタッフもおり、英語をしゃべれない日本人などにも慣れているようですので、しゃべれなくても問題ないと思われ、海外初心者には、向いているホテルのようです。HIS、JTBの事務所もありましたので、ホテルを各社で予約した場合には、フォローしてもらえるのかと思います。

初めての方も、ぜひ、個人旅行にチャレンジしてください。