食事は、健康管理、パフォーマンスの維持にとって、最も大切と考えています。できるだけ体にとって、良いものを食べ、悪いものを排除したいと思っています。以前は、まったく気にせずに食べていましたが、いくつかの書籍を読んで、心がけてみると、短時間に体のパフォーマンスが向上し、今までの価値観が変わってきます。書籍をもとに、「食べてといもの、いけないもの」として、食材リストをまとめてみました。

参考にした書籍は、以下の通りです。

 書籍名著者
*1シリコンバレー式 自分を変える最強の食事デイヴ・アスプリー
*2世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術アイザック・H・ジョーンズ
*3やせたければ脂肪をたくさんとりなさい ダイエットにまつわる20の落とし穴ジョン・ブリファ
*4「いつものパン」があなたを殺す 脳を一生、老化させない食事デイビッド・パールマター
クリスティン・ロバーグ

FoodFListのサムネイル

 

書籍により差はあるもののおおよそ以下の通りです。

  1. 米、小麦などの穀物(炭水化物)は、食べないほうがよい。
  2. 特に小麦(グルテン)は、パフォーマンスと低下させる。
  3. 遺伝子組換え品の穀物(トウモロコシなど)は、食べてはいけない。
  4. バターは、グラスフェッドバターがよい。
  5. 油はよい油(MCT、ココナッツ、オリーブ)をとることはよい。
  6. 悪い油(植物油(サラダ、キャノーラなど)、マーガリン、ショートニング)は避ける。
  7. 魚は小さい魚(いわし、アジなど)を食べる。(水銀が少ないため)
  8. 肉(牛、豚、牛)を食べる場合は、放牧飼育のを食べる。
  9. 卵は放飼いの鶏が生んだものがよい。
  10. 野菜は、どんどん食べる。
  11. 果物は、アボガド、イチゴなどがよい。
  12. 果物は、果糖が多いので、食べ過ぎに注意。
  13. 人工甘味料は避ける。(ゼロカロリードリンク、ガムなど)
  14. アルコールは飲まないほうがよいが、飲む場合は、ウイスキーなどの蒸留酒

以上のようなことがおおよその共通事項として、書かれています。

これらの見解を参考に、食事のポリシーを考え、日ごろ、食事をしています。
宴席なども多くありますので、100%実行することはできませんが、可能な範囲で実行し、パフォーマンスの維持に心がけています。以前は、食事の種類で体調の変化は、気が付きませんでしたが、最近は、甘いものを食べた後、揚げ物を食べた後などの体の変化を感じるようになりました。よい食事で最高のパフォーマンスを維持したいと思っています。

なお、実際に食材を選択する場合は、自己責任となりますので、ご留意願います。